女性の淋病は症状が乏しく、放置すると不妊症の原因に

セックスを通じて感染する淋菌が原因で発症する淋病は、コンドームを使用しないセックス1回で感染する恐れがが約30%あるとされる、感染リスクの高い性病です。

抗生物質が効きにくいSTD(性感染症)

淋菌に感染してから2~10日程度の潜伏期間後、女性の場合は膣炎を発症して、おりものが増えたり、陰部がかゆくなったりします。尿道にも感染が広がっていると、排尿痛や頻尿が現れます。さらに、子宮頸管炎を起こすと、膿状の黄色いおりものが出たり、下腹部痛などの症状も現れますが、女性の約半数は淋病の自覚症状がないとされています。

淋病を放置して子宮頸管炎、卵管炎、子宮内膜症などの段階まで進行すると、卵管が塞がったり、子宮内膜が着床に適さない形に変形するリスクがあるため、不妊症の原因になります。淋病はクラミジアと並んで、不妊の原因となるSTD(性感染症)の一つです。

一方、男性は初期の段階から激しい排尿痛、尿道から膿が出る、尿道が熱っぽく感じるなどの尿道炎の症状が現れます。泌尿器科で治療を受けずに放置していると、前立腺炎、副睾丸炎、尿道狭窄などを引き起こします。なかでも副睾丸炎諸は悪化すると、無精子症を発症して男性不妊の原因となることがあります。

クラミジアと同様に淋病もフェラチオによる喉への感染が流行しています。扁桃腺の腫れ、喉がイガイガするなどの症状は淋病以外でもでみられますので、感染にきづかないまま誤った薬(風邪薬など)を飲み続けているケースもあります。

喉の感染の検査は、綿棒のようなもので喉の粘膜をぬぐう「咽頭スワブ」と呼ばれる方法、口腔内うがい液を検体として淋菌の有無を調べる方法がありますが、いずれも患者さんの負担は少なく手軽に行うことができます。

性器と咽頭に淋菌が同時感染している女性も少なくなく、以下に挙げる抗生物質の治療で性器の症状が治まった後も喉に菌が残存していることもあるため、治療の際には注意が必要です。

淋病の治療の中心は抗生物質の投与です。既存の抗生物質に対して耐性を示す(=薬が効かない)「薬剤耐性菌」が増えたこともあり、淋菌への選択肢としては、ロセフィン、ケニセフ、ノイセフ、トロビシンという抗生物質だけが有効となっています。ロセフィンは1回限りの注射で済むので、飲み忘れや自己判断による服用中止のリスクもないため、高い効果を示しています。