おりものが増えた、色がおかしい!?疑われる病気はコレ!

おりものは生理の周期、女性ホルモンの影響、その時の体調、あるいは病気などによって、量や色、臭いが変化します。時には悪臭がしたり、下着がビッショリ濡れるほどのおりものが出たり、デリケートゾーンが蒸れる原因となったりするため、おりものを不快に思う女性も少なくないでしょう。

婦人科で相談が多い悩み

しかし、おりものは女性の体を守るために重要な役割を担っているのです。おりものは、単独で分泌されているるものではなく、子宮頸管から出る粘液、膣粘膜・外陰部からの分泌物、子宮や膣の古くなった上皮が剥がれ落ちたものなどが混じり合ってできたものです。

おりものは膣内を湿った状態に保つことで、大腸菌やブドウ球菌、カンジダ菌、淋菌、クラミジア、トリコモナスなどの侵入や繁殖を防いだり、膣内の不要物を包んで体外に排出したり、精子が子宮にスムーズに到達するように潤滑油の役割も果たしています。

おりものの状態がいつもと違い場合には、なんらかの異常を訴えるサインの場合が多いので、日頃から自身のおりものの量や色を観察・把握し、なにかあったら婦人科に相談するようにしましょう。

おりものの異常で最も多いのが、「おりものの量が増えた」というものです。おりものの量と女性ホルモンは密接に関係しており、性成熟期(10代後半から40代前半)の女性は量が多いのが普通です。一方、卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が少なくなる40歳半ば以降になると、おりものの量は徐々に減少し、閉経後にはほとんど出なくなります。

また生理の周期によってもおりものの量は増減します。卵胞期(排卵の前期)から排卵期にかけて量は増えていき、それ以降の黄体期は減少していきます。したがって、排卵期におりものの量が増えるのは、妊娠しやすい環境をつくるために子宮頸管粘液の分泌量が増えた結果ですので、心配いりません。この時期はトイレで下着を下した際にスーッとおりものが流れるように感じる人もいます。

しかし、おりものの量が多くて下着を何度も履き替えなければならなかったり、排卵日以外にも量が多いという場合は、子宮筋腫や子宮内膜症の可能性もあります。

尿漏れと錯覚するような水っぽいおりものが出ることがありますが、排卵期に近づくと水っぽい状態になるのは自然ですので心配いりません。ただし、悪臭や膣内のかゆみを伴う場合は、性病の一つであるトリコモナス膣炎の初期症状である可能があります。

水っぽいおりものは、クラミジアの初期症状として現れることもありますが、クラミジアに感染した女性の多くは自覚症状がないため、気づかないことがほとんどです。

おりものの量が増えただけでなく、膣や外陰部にかゆみを伴う場合はどうでしょうか? おりものが増えると外陰部がムレやすくなるため、かゆみが起こるのは珍しくありません。しかし、下着やおりものシートををこまめに交換したり、シャワーで清潔を保っていてもかゆみが治まらないときには、他の原因を疑うことになります。

例えば、かゆみのほかに、ヨーグルト状、あるいは豆腐のカスや酒粕のようなボロボロとしたおりものが出る場合は、膣カンジダが考えられます。またおりものに泡や黄色い膿のようなものが混じって、悪臭がする場合には、トリコモナス膣炎、淋病、非特異性膣炎などに感染している可能性があります。

おりものの色・状態も生理の周期によって変化します。排卵の前期は、無色透明か白っぽいクリーム色で粘り気のないおりものが出るのが普通です。排卵日が近づくと、おりものは粘り気を帯びるようになり、指で触れるとドロッと糸を引くように伸びます。排卵日以降から生理直前にかけて、おりものは白く濁った色になり、粘度とともに臭いも強くなっていきます。

生理周期に合わせて上記のように変化するおりものは心配いりませんが、濃い黄色のおりものが出て強いにおいを伴う場合は、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの感染によって起こる「非特異性膣炎」、「子宮頸管炎」などが疑われます。膣内に置き忘れたタンポンやコンドームが原因で菌が繁殖した場合も同様のおりものが見られます。

なお「黄色く強い臭いを伴うおりもの」とは、おりものそのままの状態で黄色く、匂う状態のことをいいます。下着に付いたおりものが黄色くなったり、臭いが強いのは、酸性のおりものが空気に触れて変化したためですので、こちらは気にする必要はありません。

おりものの悪臭は膣カンジダとトリコモナス膣炎の可能性

おりものの多くは臭いがほとんどありませんが、膣内は酸性の状態に保たれているため、酸っぱいヨーグルトのようなにおいがすることもあります。

デリケートゾーンのにおい

生理前や、新陳代謝が低下する30代くらいになるとおりもののにおいがきつくなる傾向にありますが、自然なことですので心配する必要はありません。またおりものは、空気に触れると酸化してにおいがきつくなるので、下着に付着して時間が経ったおりもののキツイ臭いは参考になりません。

しかし、生理前や年齢に関係なく、においがきつかったり、悪臭がしたり、おりものの色や形状の異常などが伴う場合は、においが膣や外陰部の病気の兆候となっていることもあるので、おりもののにおいが生理の周期にあわせてどう変化するのか、普段の自分のおりものがどういう状態なのかを把握しておくことが大切です。

鼻を突くようなきつい臭い、チーズを焼いたような臭いのおりものが出て、泡や黄色い膿のようなものが混じっている場合は、トリコモナス原虫の感染による「トリコモナス膣炎」が考えられます。仕事が手につかないほどの、外陰部の強いかゆみがあるならば、トリコモナス膣炎の可能性が高くなります。

生理前以外の時期におりものの臭いがきつくなり、茶褐色のおりものが出る場合には、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などが膣内で繁殖して炎症(非特異性膣炎)を起こしている可能性があります。また不正出血を伴う場合には、「子宮筋腫」や「子宮内膜症」なども疑われます。

おりものの臭いがきつくて、ヨーグルト、酒粕、カッテージチーズのようなボロボロと崩れた白いおりものが出る場合は、カンジダ菌(カビの仲間)が膣内で繁殖する「膣カンジダ」が考えられます。膣カンジダの多くは膣内や外陰部の強いかゆみが特徴ですが、何度も再発を繰り返している女性では、かゆみがなく性交痛が自覚症状として現れることもあります。